新車購入時の視野を広げよう!異なるメーカーの車を選ぶ際の注意点とは

公開日:2023/06/15  


新車を購入する際、どの車を選ぶか迷う方もいるでしょう。選択方法は同じメーカーからメーカーへという方法だけではなく、違うメーカーの車を選択する方法もあります。本記事では、新車購入時の視野を広げる方法として、異なるメーカーの車を選ぶ際の注意点を紹介しますのでぜひ、参考にしてください。

新車購入時に異なるメーカーの車を検討する際の注意点とは?

新車購入時に異なるメーカーの車を検討する際、少し注意しておきたい点があります。購入してから後悔しないよう、異なるメーカーの車を購入する際の注意点について紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ローンが残っている場合

違うメーカーの車を購入する際、ローンがまだ残っている場合もあるでしょう。ローンが残っていても、ローン残債は関係ないため、購入は可能です。ただ、所有権が自分以外にある場合には注意が必要です。これは、メーカー関係なく、所有権者の許可がなければ手続きができないためです。もし、所有権が違う人にある場合は、ローン会社やディーラーに買い替えの旨を伝えてから行いましょう。

自動車保険の確認

車を買い替える場合、自動車保険の手続きは意外に忘れがちな事項です。任意保険と自賠責保険では、手続きの方法や必要書類が変わってきます。もし、これまでと同様の保険会社であれば、そのまま継続することも可能です。また、車と保険を一括して変えるのも問題ありません。どちらにしても、車種変更する場合には保険の内容も一緒に変更しましょう。

車の特性を知るために可能であれば試乗する

メーカーが変わると、車の特性も大きく変わります。運転席からの目線の高さや、操作方法など車が違うだけで、大きく変わることがあるでしょう。ディーラーによっては、試乗可能なお店もあるため、気になる車は試乗してみましょう。なかでも、外車は運転席が反対であるため、必ず試乗してから購入の検討をおすすめします。

異なるメーカーの車を購入する際の選び方

異なるメーカーの車を購入する場合、選び方にも注意が必要です。もちろん、この車に乗りたいという気持ちも必要ですが、ライフスタイルに合わせて車を選ぶことも必要です。たとえば、見た目のカッコよさだけで選んでも、子どもがいる家庭には不向きな場合もあります。異なるメーカーの車を購入する際の選び方について紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ライフスタイルに合わせて車種を選ぶ

今の自分に合わせて車を選ぶことも大切ですが、結婚している方は、子どもが産まれたらどのような車が最適かといったように、将来性も考える必要があるでしょう。子どもがいる家庭であれば、ベビーカーの出し入れがしやすいか、ドアの開閉がしやすいかなども考えておくのがおすすめです。ほかにも、運転が得意ではない方は小回りがきく、コンパクトカーがおすすめです。

複数のメーカーを比較する

現在、多くのメーカーでは、安全面や環境面で新しい技術を駆使した車が販売されています。たしかに、テレビや雑誌ではそれぞれの特徴が掲載されていますが、実際にメーカーで聞いて試乗してみないとわからない部分もあります。複数のメーカーを比較しながら、自分に合った車を選ぶことをおすすめします。

中古車販売店に相談する

車の乗り換えを行う際は、ディーラーへ足を運ぶのもよいですが、中古車販売店へ足を運ぶことのもおすすめです。中古車販売店では、さまざまなメーカーの車が展示されています。メーカーを比較するために、多くのメーカーに足を運ぶのは難しい方は、中古車販売店へ行くことも一つの方法です。

新車購入で違うメーカーを選ぶ際の手続き

新車購入で違うメーカーの車を選ぶ際に、必要な手続きがあるか分からない方もいるでしょう。新車購入で違うメーカーを選ぶ際の手続きについて、解説しますので、ぜひ参考にしてください。

自動車保険について

自動車保険は、違うメーカーから車を購入しても変更の必要はありません。ただ、変更しない場合、自動車保険の窓口と、新しく買い替える店舗が同じではないという点に注意が必要です。たとえば、車の修理を出す場合、新しいディーラーに出すことになります。

しかし、自動車保険の窓口は前ディーラーになるため、保険の手続きに手間が生じます。この手間が面倒に感じる方は、買い替え店舗と自動車保険の代理店窓口を一本化しておくことをおすすめします。

自動車税

自動車税の滞納期間中に車の買い替えをしても、未納付分には納税の義務があることを忘れてはいけません。未納分は支払いを行いましょう。

以前のディーラーへの挨拶

異なるディーラーへの挨拶は、特にする必要はありません。ただ、これまでお世話になった意味を込めて挨拶をしたい方は、挨拶をしてもよいでしょう。

まとめ

本記事では、新車購入時の視野を広げるために、異なるメーカーの車を選ぶ際の注意点を紹介しました。異なるメーカーの車を選ぶ際は、試乗やメーカーにお話を聞くなどして慎重に選ぶことをおすすめします。また、結婚や出産を機にライフスタイルが大きく変わりそうな方は、将来を見越して車を選びましょう。本記事が、新車購入を検討されている方の参考になれば参考です。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

車を購入する際、車両本体の価格だけではなく、維持費も考慮することが重要です。ガソリン代、保険料、税金、車検、メンテナンス費用など、多岐にわたる支出が発生します。本記事では、車の維持費の詳細を
続きを読む
長く使うなら、車を購入するのとレンタカーサービス、どちらが経済的なのでしょうか。購入は所有感や自由度をもたらしますが、維持費や価値の減少も考慮しなければなりません。一方、レンタカーは使いたい
続きを読む
車祓いとは、交通安全を祈願する人がおこなうお祓いのことです。お祓いを受けるタイミングに決まりはありませんが、新車を購入した際に車祓いを受ける人が多い傾向にあります。そこで本記事では、車祓いに
続きを読む