新車のボディーカラーを選ぶ際に意識するべきポイントとは?

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/12/23

新車を購入する時に、どこを重視するかは人それぞれ異なるかと思います。車種や性能なども大切ですが、見た目が好みのものがよいという意見もあるでしょう。車は、形はもちろんですがボディーカラーによっても印象が異なります。今回は新車のボディーカラーを選ぶ時のポイントについて解説していきます。

車のボディーカラーごとの印象の違い

車はボディーカラーによって与える印象が変わってきます。ブラックはシックで高級感を演出できるので、とくに人気が高いカラーの1つです。車が重厚な感じに見えて、乗る人の風格を表してくれるような役割を果たします。

ブラックの補色であるホワイトも、選ぶ人が多い人気カラーです。ホワイトもまた高級感や清潔感溢れる印象を与えることができ、明るく爽やかなイメージなので、企業の車にもよく選ばれています。

もう1つ定番のボディーカラーとしてシルバーがあげられます。落ち着いて知的な雰囲気があり、またシルバーの種類によっても明るめ・暗めなどがあるので選択肢が広がります。

原色系のボディーカラーは人の目を惹く

定番のカラーを選ぶと他の人と被りやすいというデメリットもあります。とくに駐車場で同じ車種・同じボディーカラーの車があるとややこしいという一面も。そんな時は原色系の目立つボディーカラーもおすすめです。赤は情熱的な印象、青は冷静で知的な印象、黄色は昼夜問わず目立ち元気な印象を与えます。

女性に人気のパステルカラー

以前は車のボディーカラーも決まりきった色しか展開されていませんでした。しかし、近年はピンクやミント、水色、クリームなど、淡いパステルカラーの車も増えてきています。とくに軽自動車でかわいらしい色合いのものが数多く売られており、かわいらしさや華やかさ、女性らしさを演出できることから人気を集めています。

車のボディーカラーの違いで買い取ってもらう際の査定額が変わる?

車のボディーカラーは、自分の好みや車へのイメージに合わせて選ぶことが重要です。しかし、一方で車のボディーカラーによって買い取り時の査定額が変わることがあります。

個性的なカラーの車は生産台数が少ないため、希少価値がついて値段が上がると思うかもしれません。しかし、実際には個性的なカラーを好まない人も多く買い手がつかないため、査定額が低くなる傾向があります。

定番のブラック、ホワイト、シルバーは安定した需要があり、値段が高くつきやすいのです。売る時のことを考えると、定番の人気カラーを選ぶのが無難といえます。

車の種類によって人気カラーは異なる

乗用車では上記の通り定番のカラーが人気ですが、車の種類によっては派手なカラーや珍しいカラーでも需要が高いものもあります。スポーツカーはレースにも使われるという性質上、赤や黄色など遠くからでも目立つような派手なカラーが好まれます。

女性に人気の高い軽自動車では、かわいらしいパステルカラーも売れ行きが好調です。ただ、スポーツカーや軽自動車であってもブラックやホワイトは人気で、買い取り時に査定評価がプラスになる可能性が高いといえます。

車のボディーカラーを選ぶ際に意識するべきポイント

新車のボディーカラーを選ぶ時に意識するポイントとして、傷や汚れの目立ちにくさがあげられます。車が好きな人はこまめに洗車したり車を磨いたりするかと思いますが、とくにこだわりがない人は汚れが目立った時に洗えばよいという人もいるでしょう。

ボディーカラーで大人気のブラックですが、汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。砂がついたり泥が跳ねたりした時に白っぽい汚れがついてしまい、せっかくの高級感が台無しになってしまいます。また、あまり目立たないような細かい傷でも、ボディーカラーがブラックだと目立つことがあるので注意してください。

ホワイトも黒っぽい汚れがつくと目につきやすいですが、ブラックに比べると傷や汚れは目立ちません。定番カラーの中では、シルバーが1番傷も汚れも目立ちにくいので、まめに手入れしないという人にもおすすめです。

視認性にも注意

ブラックや青の車は夜になると見えにくくなり、結果的に事故率が高くなる可能性があります。一概にいえることではありませんが、視認性が低い上に収縮色といって小さく見えるという特徴があるため、距離感を掴みにくくなってしまいます。小さく見えるとまだ遠くに車があるような錯覚を抱き、距離感を見誤ってしまうことにつながるのです。

事故は自分がどんなに気を付けていても防ぎきれないケースがあるので、乗る人のことを考えてボディーカラーを選ぶということも考慮しておきましょう。

 

車のボディーカラーが人に与える印象や、ボディーカラーを選ぶ時のポイントについてご紹介しました。人気カラーや目立つカラーにもそれぞれ特徴があるので、自分の好みや目的に合わせて選んでください。売る時のことや車を手入れ・運転する時のことを考え、メリット・デメリットを比較して最も合ったボディーカラーの車に乗りましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

CONFLICT

新着記事

新車をできるだけ安く購入したいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。自動車業界の決算期は3月なので、2月頃から自動車の販売価格は低下し始めます。そしてもっとも安く購入できるのが3月なの
続きを読む
新車を購入する際に、ボディーコーティングをすすめられることが多くあります。新車であってもボディーコーティングは必要なのでしょうか。そもそもボディーコーティングとはどのようなものなのでしょうか
続きを読む
新車を購入する際には現金一括で支払うか、カーローンを利用するか選択することになります。どちらの支払い方法を選択したとしても、それぞれにメリットやデメリットがあります。新車を購入するときに現金
続きを読む