自社ローンで新車の購入は難しい?仕組みやメリット・デメリットとは

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/06/28

メリット・デメリット

「新車を購入したいけれど、ローンが通るか心配」このような悩みで、新車の購入を諦めていませんか。車の購入時には、分割払いで月々無理のない範囲で支払える自動車ローンが利用できます。そこで今回は、自社ローンの仕組みやメリット・デメリットについて解説します。自社ローンを検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

自社ローンで新車の購入は難しい

自社ローンとは、自動車販売店が独自で提供しているローンのことです。自社ローンは一部の自動車販売店で提供されており、すべての販売店で提供されているわけではありません。

自社ローンはおもに中古車販売店で提供されています。新車を扱う販売店でも自社ローンを提供していることがありますが、どの車でも自社ローンが利用できるわけではなく、自由に選べるのではありません。制限の中で車を選ぶか、新車を諦めて状態のよい新古車にするかの2つから選択を迫られるでしょう。

自社ローンの仕組み

自社ローンは銀行や信販会社を通さないローンです。自動車販売店と車の購入者で直接契約することで、ローンの利用が可能になります。販売店が分割払いでの購入を受け付けている、独自のサービスと考えていいでしょう。通常の自動車ローンでは、審判会社の審査を通してからでないと、ローンが利用できません。

そのため、過去に自己破産や債務整理を行っている、いわゆるブラックリスト掲載者でもローンを利用して車が購入できる可能性があります。一般的な自動車ローンでは、借入額に対し年利数パーセントの金利が設定されています。数百万円の新車を購入すると、金利がわずか5%であっても数十万円の利子を支払わなくてはいけません。これに対し、自社ローンの金利は無料です。

利子の支払いを考慮する必要がなく、車両本体価格と諸費用のみの支払いで車が購入できます。自社ローンの申込には、身分証明書や印鑑証明書、住民票などが必要です。利用を考えているなら、早めに書類を用意しておきましょう。

自社ローンのメリット・デメリット

ここからは、自社ローンを利用して車を購入するメリット・デメリットを見てみましょう。

自社ローンのメリット

自社ローンの最大のメリットは審査に通りやすい点です。事情があって銀行やディーラーの自動車ローンの審査に通らなかった人でも、自社ローンならハードルが低いといえるでしょう。過去に金融事故をおこしている人やアルバイト勤務の人、すでに複数のローンを組んでいる人でも、自社ローンならチャンスがあります。

また、手続きのスピード感においても、自社ローンは優秀です。信販会社を通さず直接契約でローンが組めるため、審査完了までに時間がかかりません。なるべく早く車を購入したい人、ほかのローンとの兼ね合いで早く結果が知りたい人は安心できるでしょう。

また、ほとんどの自社ローンは金利無料で提供されています。なぜなら自動車販売店は貸金業者ではないからです。貸金業務取扱主任者が在籍していない会社やお店では、金利を設定してお金を貸すことができません。とはいえ、金利の代わりに保証料や手数料などの費用が発生するので注意しましょう。

自社ローンのデメリット

自社ローンは金利が無料で提供されているとお伝えしました。金利が無料なら、最終的に払う金額に差額がないようにも思えます。しかし自社ローンの多くでは、保証料や手数料がかかります。保証料や手数料の設定額は、自動車販売店によって異なりますが、借入金の10~20%が相場。

一括で支払うよりも12割ほど高くなる点には注意しましょう。また自社ローンは頭金が必須条件になっていることがあります。まとまったお金を用意できないと自社ローンが利用できない可能性も視野に入れておきましょう。支払い回数も通常の自動車ローンより少ない傾向にあります。分割回数が少ないと、毎月の支払額が高くなるため慎重に利用を検討しましょう。

そもそも自社ローンは、提供している自動車販売店によってその内容が大きく異なります。先ほどの保証料や手数料の相場にもひらきがあるうえ、保証人が必要なケースもあります。それぞれで設定している条件や契約内容を正しく理解し、不明点はその場で必ず相談して解決しましょう。

なお、返済が完了するまでは販売店が車の所有者です。返済が厳しくなったからといって、勝手に売却したり譲渡したりすることはできません。また万が一、車の販売店が倒産すると、車を債権者に差し押さえられるリスクもあります。自社ローンのデメリットも理解した上で利用を検討しましょう。

 

さまざまな事情でローンが組めない人でも、自社ローンなら審査が通りやすいためおすすめです。保証料や手数料がかかり、保証人を求められることもありますが、分割支払いで車を購入できます。諦めずに申請してみましょう。しかし自社ローンといえども借金です。最終的な支払額を計算し、本当にローンを組んでも大丈夫か、冷静に判断することが重要です。無理のない返済計画を立て、確実に期日内に返済しましょう。

 

おすすめ関連記事

SEARCH

CONFLICT

新着記事

新車をできるだけ安く購入したいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。自動車業界の決算期は3月なので、2月頃から自動車の販売価格は低下し始めます。そしてもっとも安く購入できるのが3月なの
続きを読む
新車を購入する際に、ボディーコーティングをすすめられることが多くあります。新車であってもボディーコーティングは必要なのでしょうか。そもそもボディーコーティングとはどのようなものなのでしょうか
続きを読む
新車を購入する際には現金一括で支払うか、カーローンを利用するか選択することになります。どちらの支払い方法を選択したとしても、それぞれにメリットやデメリットがあります。新車を購入するときに現金
続きを読む