新車を「現金で買うな」といわれるのはなぜ?メリットとデメリットを検証

公開日:2023/11/15  最終更新日:2023/11/30

現金での新車購入を検討しているけれど「現金で購入するな」という意見を聞いたことがあるとお悩みではありませんか。実際、現金で新車を購入すると損なのでしょうか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、現金で新車を購入するメリットやデメリットについて解説します。この記事を参考に、あなたのお得な新車購入にお役立てください。

新車を「現金で買うな」といわれる理由とは?

一般的に、支払総額が増えるローンより現金で新車を購入するほうがお得に感じます。ですが、現金で買うべきではないといわれる理由は何なのでしょうか。ここでは、新車を「現金で買うな」といわれる理由について解説します。

値引きされづらくなるから

ディーラーにおいて現金で新車を購入する場合、ローンでの購入に比べて値引きされる可能性が低くなります。なぜなら、顧客がローンを組んで車を購入すると、信販会社からディーラーに対してバックマージンが入る仕組みがあるからです。

また、ローンであれば、信販会社が顧客に代わり購入代金を立て替えてディーラーに支払うため、代金未払いのリスクを回避できるからです。

貯蓄が大幅に減ってしまうから

現金で新車を購入すると、百万円単位の貯蓄が減ってしまいます。貯蓄が大幅に減ってしまうと、住宅ローンや教育ローンと支払いが重なり家計を圧迫したり、病気やケガなどによる突発的な収入ダウンに対応できなくなったりする可能性があります。

ディーラーオプションやアフターサービスが無料で受けられなくなるから

ローンを利用すれば、カーナビやエアロパーツなどのディーラーオプションや、オイル交換や整備点検などのアフターサービスが、値引きの一環として無料になることがあります。ですが、現金一括で購入すると、それらのサービスが有料になってしまう可能性があります。

予算内の車種やグレードに限定されるから

現金で新車を購入する際には、用意できる予算内の車種やグレードに選択肢が限られてしまいます。予算オーバーであれば、車種を変更したり、グレードを下げたりと妥協する必要が出てきます。後々不満が残らないようにするためには、現金での購入をさけることが望ましい場合があります。

新車を現金で一括購入するメリット

ここまでは「現金で新車を購入するな」といわれる理由について触れてきましたが、現金で一括購入するメリットがまったくないわけではありません。ここでは、現金で新車を購入するメリットについて解説します。

総支払額が安くなる

現金で新車を一括購入するのであれば金利はかかりません。金利がかからない分、当然ローンを組むより総支払額は安くなります。貯蓄に余裕があり、急な出費にも対応できる状況であるならば、金利がかからず総支払額が安くできる現金での一括購入もおすすめです。

ローン審査がなく、毎月の支払いの心配もなくなる

車を現金で一括購入するのであれば、ローン審査を受ける必要がなく、また、毎月のローンの支払いの必要もなくなります。住宅ローンの支払いがある方や、勤続年数や年収が低いなどの事情を抱える方にとっては、現金での一括購入が金銭的不安を抱えないメリットに繋がります。

車の所有者を自分にできる

一般的にローンを利用した場合には、車の所有者はローン会社に設定されます。ローンを完済するまでは、車の所有者はローン会社、車の利用者が購入者となります。そのため、原則としてローン完済前に車を譲渡したり売却したりすることはできません。

一方、現金で車を一括購入していれば所有者は自分であるため、いつでも譲渡や売却が可能です。

新車を現金で一括購入するデメリット

金利がかからずローンの返済がない現金での購入ですが、いくつかのデメリットも存在します。ここでは、現金で新車を一括で購入するデメリットについて解説します。

急な出費に対応できなくなる

現金で新車を購入すると、貯蓄していた預金は百万円単位で減ってしまいます。車の購入で預金を使い切ってしまうと、病気やケガ、突然の事故などで急にまとまった資金が必要になったとき、資金繰りに困ってしまい、何かを売ったり、借入したりしなければいけなくなってしまいます。

車を手に入れるまで時間がかかってしまう

新車の購入資金を貯めるにはそれなりの期間が必要となり、毎月の収入から計画的に貯蓄しなければいけません。欲しいモデルの新車があっても今すぐには購入できないため、数年後に中古車で購入するしかなくなってしまいます。

欲しい車ではなく、買える車を購入することになる

車の購入方法を現金一括払いに限定する場合、用意した資金で買える範囲でしか車を選べなくなります。そのため、本当は欲しい車があっても、予算オーバーであれば諦めるしかなく、こだわりの車を購入できなくなってしまいます。車が好きな人にとっては、車種についてはなかなか妥協しづらく、大きなストレスになってしまいます。

まとめ

今回は現金で新車を購入するメリットとデメリットについて解説しました。新車を「現金で買うな」といわれる理由は、あまり値引きされず、貯蓄が大幅に減ってしまったり、購入できる車種やグレードが限定されたりするためです。ちなみに、現金で新車を一括購入するメリットとしては、総支払額が安くなり、ローン支払いの心配がなくなったり、車の所有者を自分にできたりすることなどが挙げられます。

一方、一括購入のデメリットとしては、車を手に入れるまで時間がかかってしまったり、欲しい車ではなく買える車で妥協する必要が出てきたりすることなどが挙げられます。現金での新車を購入でお悩みであれば、購入後の生活に余裕があるかどうか事前にチェックすることを強くおすすめします。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

今後は、ガソリン車ではなく電気自動車が主流になっていくでしょう。なぜなら、政府が2035年を目標にガソリン車の販売廃止を進めているからです。世界的にみても、環境に配慮したクリーンな電気自動車
続きを読む
新車を購入したいけれど、頭金は必ず必要なの?とお悩みではありませんか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、新車購入時の頭金の必要性や、頭金を支払うメリットとデメリットについて解説します
続きを読む
新車といえばディーラーでしか買えないと考えている方は少なくありません。しかし、実は新車はディーラー以外にも販売店で購入することができます。 ディーラーでは特定のメーカーのみ取り扱っているのに
続きを読む
新車販売関連コラム