新車が安い時期ってあるの?ねらい目はいつなのか

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/11/14


新車をできるだけ安く購入したいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。自動車業界の決算期は3月なので、2月頃から自動車の販売価格は低下し始めます。そしてもっとも安く購入できるのが3月なので、その時期を見計らって来店しましょう。購入する際のポイントも紹介するので参考にしてください。

新車が安いのはいつ?ねらい目の時期とは

2月頃から徐々に安くなり始めます。一番安く購入できるのは決算期の3月です。さらに狙い目となるタイミングも紹介します。

3月がもっとも安く購入できる

決算期が3月である場合が多いので、3月にもっとも自動車は売れます。販売価格がもっとも安く購入できるタイミングを見計らって来店する人もいるでしょう。

ディーラーはシェアと販売台数を気にしている

前年度の成績をもとに、今年度の販売台数を決定しています。今年度の目標販売台数は前年度よりも多くなっているので、それを達成するのが目標です。また、目標販売台数に至らなかった場合は、何かしらのペナルティが課される場合があります。そのため、年度の目標を達成するために3月はこれまで以上に熱心に販売しています。

さらに狙い目となるタイミング

値引き額が大きくなるのは月末です。さらに、営業成績が不振である営業マンは通常よりも値引き額が大きくなるので、そのような営業マンを見極めて来店しましょう。来店したタイミングで我先にと声をかけてきた営業マンは営業成績が未達の可能性があります。反対に、あまり積極的に自分から声をかけてこない営業マンは、営業成績を達成している可能性が高いので、そこまで値引きを期待できません。

購入までのスケジュールは計画的に立てよう

来店できる回数をきちんと計算してから購入しましょう。車選びに妥協してはいけません。

1か月ほど前から車選びを始める

ライフスタイルや使用目的に応じて新車を選びましょう。この際、各種税金が発生しますが、過度に節税を意識するあまり、ライフスタイルや使用目的とは異なる新車を購入するのはおすすめできません。たとえば、夫婦と子ども2人で出かけるための車が欲しいのに節税を過度に意識した結果、軽自動車を購入すると車内が狭くてすぐに買い換えることになるでしょう。この場合、費用負担が大きくなるので乗りたい自動車を選択しましょう。そのぶん、車内のアイテムにお金をかけないようにするなど工夫すれば問題ありません。

購入前に商談する

スピードを大切にして営業マンは商談します。期間は2~4週間が一般的です。たとえば、週末に来店してプレゼンしてもらい、再度週末に来店してプレゼンしてもらった後に成約するパターンが多くなっています。つまり、営業マンにとって、プレゼンできる機会は少ない場合だと2回しかありません。そのため、新車の特性、メリット、デメリットなどを詳しくプレゼンしてくれます。初回のプレゼン後のフォローのためのメール連絡にも抜かりがないでしょう。

車庫証明を取得するのに1週間弱かかる

遅くとも3月20日頃までに購入を決定して、手続きに移行しましょう。車庫証明を取得するのに1週間弱かかるからです。車庫証明の取得が4月になると、新車の購入価格が通常料金に戻される可能性があります。本当の月末にならないように気を付けてください。

新車を安く手に入れるためには交渉が必要?

交渉することは悪いことではありません。競合ほか社と競うことで業界が盛り上がるからです。ただし、交渉すると自分の思い通りの料金で購入できるわけではありません。そして、営業マンが交渉に応じてくれた場合は、しっかり感謝の気持ちを表現するようにしましょう。

他社の商品を引き合いに出す

他社の商品の料金を引き合いに出す方法があります。複数の営業マンからそれぞれの店舗で割引価格を提示されている旨を伝えましょう。ほか社の商品を引き合いに出すのは悪いことではありません。新車を販売している企業も、あえて競合させる意図を持っています。また、営業マンは顧客からそのような情報を入手できることにより、ライバル店が考えていることや狙いを知れる効果もあります。

そのほかの交渉術

自分が決定権を持っていない場合は、提示している金額より安く購入できる可能性があります。配偶者に決定権がある場合に有効です。また、交渉した結果、自分が求めていた金額で商品を購入できない場合もあるでしょう。そのような場合はアクセサリーやグッズなどを受け取れる可能性があります。この際、機嫌を崩すことなく温厚な態度で対応しましょう。商品を購入するだけではなく、将来的に車の買い換えや修理などの相談で再びサービスを利用するかもしれません。嫌な印象をスタッフに与えてしまうと、自分が不利益を被る可能性もあるので気を付けてください。

まとめ

車庫証明を取得する期間に注意して新車を購入しましょう。安く購入できたぶん、カーラッピングや内装にこだわることもできます。賢く購入して後悔しないようにしましょう。ただし、販売価格にばかり目を向けてはいけません。車の性能、メリット、デメリットなども知ったうえで購入するようにします。思ったよりも燃費がよくないという話や、運転席の乗り心地がよくないという話は至るところで発生しています。しっかり検討しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

CONFLICT

新着記事

新車をできるだけ安く購入したいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。自動車業界の決算期は3月なので、2月頃から自動車の販売価格は低下し始めます。そしてもっとも安く購入できるのが3月なの
続きを読む
新車を購入する際に、ボディーコーティングをすすめられることが多くあります。新車であってもボディーコーティングは必要なのでしょうか。そもそもボディーコーティングとはどのようなものなのでしょうか
続きを読む
新車を購入する際には現金一括で支払うか、カーローンを利用するか選択することになります。どちらの支払い方法を選択したとしても、それぞれにメリットやデメリットがあります。新車を購入するときに現金
続きを読む